2014年度第3回例会

12月 1, 2014 No Comments
2014年度第3回例会のご案内
日 時:2015年1月10日(土)13時半より
場 所:京都外国語大学 R141(1号館4階)

<交通アクセス> http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html

<キャンパスマップ> http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/map/index.html

<参加費> 会員 無料/非会員 一回目お試しで無料。
     但し、二回目からは要会費(2000円)。

▼プログラム:
13:30~13:40 会長挨拶 鎌田修(南山大学)

13:40~15:10 講演 
 タイトル 「日本語コミュニケーションにおけるタブーと「華」」
         (神戸大学国際文化学研究科教授 定延利之氏)
<講演内容>
この発表ではまず、「良いコミュニケーション」について私たちが抱きがちな
様々な幻想を修正しながら、日本語コミュニケーションにおけるタブーを
明らかにします。
その上で、鎌田会長が近年提唱されている概念「華」について、タブーとの関係
を追求します。「華」とは単にタブーに触れないことなのでしょうか、違うとした
ら何がどう違うのでしょうか。
今年8月、電子情報通信学会では「コミュニケーションと雰囲気」をテーマに
研究会が開催され、日本認知科学会では10月に「間合い」に関する研究分科会が
立ち上がりました。理系的な学会が柔らかい概念を次々と積極的に考察の俎上に
載せているというのに、文系の我々が「華」一つの導入にビビッていられるかと
思う次第です。
皆さま熱い議論を繰り広げましょう。よろしくお願いいたします。

<休憩>

15:20~16:00 研究発表
 タイトル「カタールを語る」 
   ((独)国際国流基金関西国際センター日本語教育専門員 東健太郎氏)

16:00~17:30 ワークショップ
 「インタビューの進め方を考える(前回のテープを活用して)」
   テープ提供:白鳥文子氏(京都外国語大学)
   ワークショップ担当:嶋田和子氏(アクラス日本語教育研究所)

17:30~17:40 事務連絡
18:00~20:00 懇親会

▼参加申し込み
当日参加も可能ですが、準備の関係上、1月7日(水)までに
本研究会HPの参加申し込みフォームからお申し込みください。
最新ニュース, 研究例会のお知らせ, 過去の研究例会

2017年度第3回例会(春合宿)のお知らせ

2017年度第3回例会(春合宿)は以下の日程で開催されます。詳細は決まり次第、ホームページやメーリングリストにてお知らせ致します。皆さまのご参加お待ち致しております。 2017年度日本語プロフィシェンシー研究学会 第3回

2017度第2回研究例会申込フォーム

2017年度第2回研究例会に参加される方は以下のフォームにご記入の上送信ください。  

【お知らせ】第2回研究例会(2018/1/6)

2017年度第2回研究例会が2018年1月6日(土)に開催されます。 今回の講演は「日本語のプロフィシェンシーは一人のものか」 講師:トムソン木下 千尋氏(The University of New South Wale

【募集】研究発表とOPIブラッシュアップセッション

2017年度第2回研究例会の研究発表とOPIブラッシュアップセッションを担当してくださる方を引き続き募集中です。 ご応募お待ちしております。 【応募方法】 ▼応募締め切り:2017年12月4日(月) ▼応募方法:以下の情

2017年度第2回研究例会

2017年度第2回 研究例会 日時:2018年1月6日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 452教室 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/in