日本語プロフィシェンシー研究学会へようこそ

日本語プロフィシェンシー研究学会(JALP, Japanese Association of Language Proficiency)へようこそ!

本学会(JALP)は、1999年に発足した関西OPI研究会を母体としています。発足当時はOPI (Oral Proficiency Interview)テスターのみの集まりでしたが、口頭面のプロフィシェンシーのみならず、読む、聞く、書く、さらに言語活動全般に関わる研究を扱ってきたため、テスター以外の会員も多く加わるようになり、2010年には日本語プロフィシェンシー研究会と名称を改めることになりました。毎年、6月と1月の研究例会に加え、3月には様々な地で温泉合宿を行い、さらに、ほぼ毎年、国内外において特別企画のシンポジウムを開催してきました。

このような会の発展は、約20名ほどからなる運営委員による献身的な努力によるところが多く、もはや、一研究会という位置付けでは十分でなくなり、2017年10月1日をもって学会組織へと昇格させることになりました。創設以来の「全員参加型」「気楽にざっくばらんに話し合える会」という基本姿勢を土台に、学会ジャーナル『日本語プロフィシェンシー研究』、研究例会、春合宿などの学会活動のますますの充実を図っています。日本語における「プロフィシェンシー」をキーワードとして、ことばに関わる様々な面を多角的に捉える学会として成長を続けています。

入会に制限はありません。OPIに関心のある方や日本語教師の方はもちろん日本語ボランティアの方やこれから日本語教師を目指す方、大学生、院生、さらには日本語を母語としない日本語使用者の方々にも一緒に参加いただき、さまざまな視点から日本語をとらえ、プロフィシェンシーについての理解を深めたいと思っております。

JALPへの皆様の積極的な参加を心よりお待ちしております。

JALP会長
鎌田 修

入会登録ページはこちら

 

2017年度第3回例会(春合宿)のお知らせ

2017年度第3回例会(春合宿)は以下の日程で開催されます。詳細は決まり次第、ホームページやメーリングリストにてお知らせ致します。皆さまのご参加お待ち致しております。 2017年度日本語プロフィシェンシー研究学会 第3回

2017度第2回研究例会申込フォーム

2017年度第2回研究例会に参加される方は以下のフォームにご記入の上送信ください。  

【お知らせ】第2回研究例会(2018/1/6)

2017年度第2回研究例会が2018年1月6日(土)に開催されます。 今回の講演は「日本語のプロフィシェンシーは一人のものか」 講師:トムソン木下 千尋氏(The University of New South Wale

【募集】研究発表とOPIブラッシュアップセッション

2017年度第2回研究例会の研究発表とOPIブラッシュアップセッションを担当してくださる方を引き続き募集中です。 ご応募お待ちしております。 【応募方法】 ▼応募締め切り:2017年12月4日(月) ▼応募方法:以下の情

2017年度第2回研究例会

2017年度第2回 研究例会 日時:2018年1月6日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 452教室 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/in