2014年度第1回例会

6月 3, 2014 No Comments

日本語プロフィシェンシー研究会 2014年度第1回例会のご案内

日 時: 2014年7月5日(土)13時半より


場 所: 京都外国語大学 
R161(1号館6階)
交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html
キャンパスマップ http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/map/index.html

参加費: 会員 無料/非会員 一回目お試しで無料。
但し、二回目からは要会費(2000円)。
プログラム:

13:30~13:40 会長挨拶 鎌田修(南山大学)

13:40~15:00 講演 西郷秀樹(関西外国語大学)
「自然談話に見るネとヨの発話連鎖性―そのウナギ的つかみどころの難しさの克服を求めて」

<休憩>

15:15~16:00 研究発表 立部文崇(徳山大学)
「『初級学習者の終助詞「ね」の習得』と『日本語教師の発話』から考える教師発話コーパスの必要性」
16:00~17:00 OPIブラッシュアップ・セッション 逧田善弘(海外産業人材育成協会)

17:00~17:20 事務連絡

18:00~20:00(予定) 懇親会

 

 

最新ニュース, 研究例会のお知らせ, 過去の研究例会

2017年度第3回例会(春合宿)のお知らせ

2017年度第3回例会(春合宿)は以下の日程で開催されます。詳細は決まり次第、ホームページやメーリングリストにてお知らせ致します。皆さまのご参加お待ち致しております。 2017年度日本語プロフィシェンシー研究学会 第3回

2017度第2回研究例会申込フォーム

2017年度第2回研究例会に参加される方は以下のフォームにご記入の上送信ください。  

【お知らせ】第2回研究例会(2018/1/6)

2017年度第2回研究例会が2018年1月6日(土)に開催されます。 今回の講演は「日本語のプロフィシェンシーは一人のものか」 講師:トムソン木下 千尋氏(The University of New South Wale

【募集】研究発表とOPIブラッシュアップセッション

2017年度第2回研究例会の研究発表とOPIブラッシュアップセッションを担当してくださる方を引き続き募集中です。 ご応募お待ちしております。 【応募方法】 ▼応募締め切り:2017年12月4日(月) ▼応募方法:以下の情

2017年度第2回研究例会

2017年度第2回 研究例会 日時:2018年1月6日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 452教室 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/in