第8回国際OPIシンポジウム

5月 25, 2011 No Comments

第8回国際OPIシンポジウム

OPIとオーセンティシティー

‐オーセンティシティーとプロフィシェンシーに基づく日本語教育のあり方‐

2011年8月6日(土)・7日(日)

国際OPIシンポジウムは,第1回のエジンバラから,第7回のソウルまで,プロフィシェンシー(Proficiency)に関するさまざまなテーマを掲げてシンポジウムを企画・運営してきました。その間,OPIを中心とした研究から,オーラル(話す)のみならず,他の3技能(聞く,読む,書く),さらには文化的側面などに研究対象の幅が拡がり,最近の日本では,生活者としての日本語使用者に必要なプロフィシェンシーについて,さまざまな側面から掘り下げることを目的とした調査・研究も徐々に実施されるようになりました。また、アメリカでは、全米の外国語基準が浸透し、コンテントに基づく指導法が主流になりつつあります。

このような動きの中で、プロフィシェンシーの意義を再確認するとともに、
さらに、オーセンティシティーという概念を新たな焦点としてプロフィシェンシーを促進させる教育指導法、また、指導・評価における問題点などを追究していく必要があります。

ポートランドのシンポジウムにおいては,プロフィシェンシー研究の充実に向けて,日米のOPI関係者だけでなく,世界各地の(第二言語としての)日本語の運用能力に関する調査,研究,実践等に携わる多くの方々に集っていただき,OPI、プロフィシェンシーの各国でのあり方、捉えられ方について,特に
オーセンティシティーという問題に焦点を当てて,今後の研究や,教育実践の在り方について共に考えられたら幸いです。

2011ポートランド(第8回), シンポジウム概要

2017年度第3回例会(春合宿)のお知らせ

2017年度第3回例会(春合宿)は以下の日程で開催されます。詳細は決まり次第、ホームページやメーリングリストにてお知らせ致します。皆さまのご参加お待ち致しております。 2017年度日本語プロフィシェンシー研究学会 第3回

2017度第2回研究例会申込フォーム

2017年度第2回研究例会に参加される方は以下のフォームにご記入の上送信ください。  

【お知らせ】第2回研究例会(2018/1/6)

2017年度第2回研究例会が2018年1月6日(土)に開催されます。 今回の講演は「日本語のプロフィシェンシーは一人のものか」 講師:トムソン木下 千尋氏(The University of New South Wale

【募集】研究発表とOPIブラッシュアップセッション

2017年度第2回研究例会の研究発表とOPIブラッシュアップセッションを担当してくださる方を引き続き募集中です。 ご応募お待ちしております。 【応募方法】 ▼応募締め切り:2017年12月4日(月) ▼応募方法:以下の情

2017年度第2回研究例会

2017年度第2回 研究例会 日時:2018年1月6日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 452教室 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/in