2019年度第2回研究例会

投稿者: | 2019年10月25日

2019年度第1回 研究例会
日時:2019年1月11日(土)13:30~
場所:京都外国語大学

▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html
キャンパスマップ http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/map/index.html
▼参加費: 会員 無料/非会員 一回目お試しで無料。
但し、二回目からは要会費(3000円)。

詳細が決まりましたら、情報更新いたします。

参加申込はこちら

プログラム:
13:30~13:40 会長挨拶 鎌田 修(南山大学)

13:40~15:10 講演   村上 吉文(国際交流基金日本語上級専門家 アルバータ州教育省派遣)
「あなたの知らない世界 独習者たちの実像」要旨
国際交流基金と電通が韓国、香港と台湾で行った調査では、教育機関の日本語学習者の少なくとも10倍程度の独習者がいることを示唆する結果が出ている。しかしこうした学習者は日本語の教室には来ないので、日本語教育の側からはその実像がなかなか見えてこない。
筆者はオンラインコミュニティや知人からの紹介を通してこうした学習者に接触して半構造化インタビューを行い、そのうち23名からインタビューの動画をオンラインで公開する許可を得ることができた。本講演ではこれらのインタビューを通じて見えてきたソーシャルメディア時代の独習者を「言語オタク型」、「アニメ型」、「ソーシャル型」の3つに分け、それぞれの特徴を紹介したい。特に、教科書に頼らずネット上の交流を通して日本語を身に着けた「ソーシャル型」の存在はプロフィシェンシー育成を考える上でも多くの示唆を与えてくれるものと考えている。
※講演はzoomによる配信も行いますので、残念ながら当日会場にいらっしゃれない方は下記のURLからもご参加いただけます。
https://zoom.us/j/438725482

<休憩>

15:20~16:00  研究発表

<休憩>

16:10~17:40 ブラッシュアップセッション

18:30~ 懇親会

懇親会: 66art 18:30〜 5000円(25名まで)