2013年度第1回例会 特別シンポジウム

4月 1, 2013 No Comments

2013年度日本語プロフィシェンシー研究会(JALP)第1回例会

特別シンポジウム「日本語の談話とプロフィシェンシー」

とき:2013年6月29日(土)10:00~17:00
ところ:キャンパスプラザ京都 第2講義室(京都駅前徒歩5分)

プログラム(案)
10:00~10:15 会長挨拶、事務連絡
10:15~12:15 パネル1—日本語の談話、その内的側面—
鎌田 修/堤 良一 総論
鎌田 修 (南山大学)「伝える行為と談話能力:伝達の場を読むことの大切さ」
堤 良一 (岡山大学)「どの指示詞の使用が学習者にとって困難か?~理論的記述を場面教育に利用する~」
西川寛之 (明海大学)「今ここで言うことと言わないこと―言いさし表現の使用、不使用ー 」

12:45~13:45 ポスターセッション

14:00~15:00 OPI ブラッシュアップ・セッション

15:00~17:00 パネル2—日本語の談話、その外的側面—
定延利之 (神戸大学)「日本人キャラがやってみせること:発話行為とその分類」
リンゼー・四倉 (京都アメリカ大学コンソーシアム)「ビジネス電話のインタラクションと語用論的能力」
由井紀久子 (京都外国語大学)「学習者から見たメールの構成: 談話構成と学習者の認識」
嶋田和子 (アクラス日本語教育研究所)「談話能力の育成をめざした教育実践~初級における日本語教育の課題~」

17:30~ 懇親会

最新ニュース, 研究例会のお知らせ, 過去の研究例会

2017年度第3回例会(春合宿)のお知らせ

2017年度第3回例会(春合宿)は以下の日程で開催されます。詳細は決まり次第、ホームページやメーリングリストにてお知らせ致します。皆さまのご参加お待ち致しております。 2017年度日本語プロフィシェンシー研究学会 第3回

2017度第2回研究例会申込フォーム

2017年度第2回研究例会に参加される方は以下のフォームにご記入の上送信ください。  

【お知らせ】第2回研究例会(2018/1/6)

2017年度第2回研究例会が2018年1月6日(土)に開催されます。 今回の講演は「日本語のプロフィシェンシーは一人のものか」 講師:トムソン木下 千尋氏(The University of New South Wale

【募集】研究発表とOPIブラッシュアップセッション

2017年度第2回研究例会の研究発表とOPIブラッシュアップセッションを担当してくださる方を引き続き募集中です。 ご応募お待ちしております。 【応募方法】 ▼応募締め切り:2017年12月4日(月) ▼応募方法:以下の情

2017年度第2回研究例会

2017年度第2回 研究例会 日時:2018年1月6日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 452教室 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/in