第10回 日本語実用言語学国際会議のご案内

5月 27, 2017 No Comments

=============================================================
第10回 日本語実用言語学国際会議
10th International Conference on Practical Linguistics of Japanese
(ICPLJ10)
=============================================================

■日程: 2017年7月8日(土)、9日(日)
■会場: 国立国語研究所 http://www.ninjal.ac.jp/

■参加は以下から事前に登録してください(先着200名)
 参加費は無料です。
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/symposium/20170708_intlsympo/

■プログラム
2017年7月8日(土)
12:30-    受付
13:00-13:10 開会あいさつ
13:10-14:10 【招待講演:日本語】
      「第一言語習得と第二言語習得をつなぐ:マクロとミクロのナラティヴ構造視点からの考察」
       南 雅彦 (サンフランシスコ州立大学)
14:30-15:50 【ポスターセッション:日本語】11件
16:00-17:40 【口頭発表1:日本語または英語】9件
18:00-19:30 懇親会
 ※ 事前申し込み制(先着80名)
  費用:一般2000円、学生1000円

2017年7月9日(日)
9:30-     受付
10:00-12:00 【パネルセッション:日本語】
       「相互行為分析が言語教育にもたらすもの」
       柳町 智治 (北星学園大学)、西阪 仰 (千葉大学)、
       池田 佳子 (関西大学)、岩田 夏穂 (政策研究大学院大学)、
       初鹿野 阿れ (名古屋大学)、小林 ミナ (早稲田大学)
13:00-14:40 【口頭発表2:日本語または英語】9件
14:50-16:30 【口頭発表3:日本語】9件

※詳細はこちらをご覧ください
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/symposium/20170708_intlsympo/program#02

最新ニュース, 耳より、口コミ

2017年度第3回例会(春合宿)のお知らせ

2017年度第3回例会(春合宿)は以下の日程で開催されます。詳細は決まり次第、ホームページやメーリングリストにてお知らせ致します。皆さまのご参加お待ち致しております。 2017年度日本語プロフィシェンシー研究学会 第3回

2017度第2回研究例会申込フォーム

2017年度第2回研究例会に参加される方は以下のフォームにご記入の上送信ください。  

【お知らせ】第2回研究例会(2018/1/6)

2017年度第2回研究例会が2018年1月6日(土)に開催されます。 今回の講演は「日本語のプロフィシェンシーは一人のものか」 講師:トムソン木下 千尋氏(The University of New South Wale

【募集】研究発表とOPIブラッシュアップセッション

2017年度第2回研究例会の研究発表とOPIブラッシュアップセッションを担当してくださる方を引き続き募集中です。 ご応募お待ちしております。 【応募方法】 ▼応募締め切り:2017年12月4日(月) ▼応募方法:以下の情

2017年度第2回研究例会

2017年度第2回 研究例会 日時:2018年1月6日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 452教室 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/in