2017年度第1回例会

5月 30, 2017 No Comments

2017年度第1回 研究例会

日時:2017年6月24日(土)13:30~
場所:京都外国語大学 843教室(8号館4階)
※いつもと教室が違いますのでご注意ください。

▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html
キャンパスマップ http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/map/index.html
▼参加費: 会員 無料/非会員 一回目お試しで無料。
但し、二回目からは要会費(2000円)。

参加申込はこちらのフォームから

▼プログラム:

13:30~13:40  会長挨拶    鎌田修(南山大学)

13:40~15:10
講演:「生きた日本」を養うための演劇ワークショップのデザイン
蓮行氏(京都外国語大学非常勤講師/劇団衛星代表)

要旨:
演劇的手法を用いた、日本を母としない学習者の日本プロフシェンシー向上のためのワークショップデザインについて考察する。
発表者の考える演劇の3要素は「人物・時空・事件」の設定である。
学学習において、演劇の手法は極めて有効だと発表者は考えている。日常的な場面で、話者は「話し手」と「聞き手」を次々と入れ換えながら会話する。映像学教材を鑑賞する場合、学習者は話し手と聞き手との会話の「観察者」となる。演劇ワークショップでは、この「話し手・聞き手・観察者」という3つのロールを入れ換えながら演じてもらい、ゲーム性を絡めて楽しく学習させることができる。
本講演では、発表者の考案した演劇ワークショップのゲームである「JKとOYJ」や「1分ジャーマネ」などを体験していただく予定である。
<休憩>

15:20~16:00  研究発表  趙(じょ)鍊徽(よんひ)氏

(京都外国語大学大学院 外国語学研究科博士後期課程(言語教育領域))

タイトル「韓国人日本語学習者による条件表現「と・ば・たら・なら」の習得に関する研究-アンケート調査の結果を中心に-」

16:00~17:30  ブラッシュアップセッション

「教えて! 鎌田トレーナー!!」
(これまで、はずかしくて、あほらしくて)聞きたくても聞けなかった、おそらく(はぐらかされるかもしれないけど)真面目には答えてもらえそうなOPIやプロフィシェンシーの質問に対して、鎌田トレーナーが(嶋田トレーナーが不在の中)堂々と教えてくれます!

17:30~17:40 事務連絡

17:40~18:00 総会

18:30~20:00 懇親会

 

最新ニュース, 研究例会のお知らせ

2018年度第2回研究例会

2018年度第2回 研究例会 日時:2019年1月12日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.h

2018年度第1回研究例会

2018年度第1回 研究例会 日時:2018年6月30日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 452教室 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/i

春合宿参加につきまして

春合宿の申し込み締め切りは8日でしたが、10日まで延長いたします。 その後も22日までは追加の都合をつけますので、ご連絡ください。 宿泊せずに研究会のみのご参加の後、懇親会だけのご出席も3600円の追加で できますので、

2017年度第3回例会(春合宿)のお知らせ

日本語プロフィシェンシー研究学会 2017年度春合宿 <「できるってな~に?-ルーブリックによる評価とその方法-」> 日時:2018年 3月24日(土)‐25日(日) 会場:京都嵐山 「花のいえ」 プ ロ グ ラ ム ◆

【お知らせ】第2回研究例会(2018/1/6)

2017年度第2回研究例会が2018年1月6日(土)に開催されます。 今回の講演は「日本語のプロフィシェンシーは一人のものか」 講師:トムソン木下 千尋氏(The University of New South Wale