2017年度第1回例会

5月 30, 2017 No Comments

2017年度第1回 研究例会

日時:2017年6月24日(土)13:30~
場所:京都外国語大学 843教室(8号館4階)
※いつもと教室が違いますのでご注意ください。

▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html
キャンパスマップ http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/map/index.html
▼参加費: 会員 無料/非会員 一回目お試しで無料。
但し、二回目からは要会費(2000円)。

参加申込はこちらのフォームから

▼プログラム:

13:30~13:40  会長挨拶    鎌田修(南山大学)

13:40~15:10
講演:「生きた日本」を養うための演劇ワークショップのデザイン
蓮行氏(京都外国語大学非常勤講師/劇団衛星代表)

要旨:
演劇的手法を用いた、日本を母としない学習者の日本プロフシェンシー向上のためのワークショップデザインについて考察する。
発表者の考える演劇の3要素は「人物・時空・事件」の設定である。
学学習において、演劇の手法は極めて有効だと発表者は考えている。日常的な場面で、話者は「話し手」と「聞き手」を次々と入れ換えながら会話する。映像学教材を鑑賞する場合、学習者は話し手と聞き手との会話の「観察者」となる。演劇ワークショップでは、この「話し手・聞き手・観察者」という3つのロールを入れ換えながら演じてもらい、ゲーム性を絡めて楽しく学習させることができる。
本講演では、発表者の考案した演劇ワークショップのゲームである「JKとOYJ」や「1分ジャーマネ」などを体験していただく予定である。
<休憩>

15:20~16:00  研究発表  趙(じょ)鍊徽(よんひ)氏

(京都外国語大学大学院 外国語学研究科博士後期課程(言語教育領域))

タイトル「韓国人日本語学習者による条件表現「と・ば・たら・なら」の習得に関する研究-アンケート調査の結果を中心に-」

16:00~17:30  ブラッシュアップセッション

「教えて! 鎌田トレーナー!!」
(これまで、はずかしくて、あほらしくて)聞きたくても聞けなかった、おそらく(はぐらかされるかもしれないけど)真面目には答えてもらえそうなOPIやプロフィシェンシーの質問に対して、鎌田トレーナーが(嶋田トレーナーが不在の中)堂々と教えてくれます!

17:30~17:40 事務連絡

17:40~18:00 総会

18:30~20:00 懇親会

 

最新ニュース, 研究例会のお知らせ

学会昇格に伴うお願い

会員の皆様 日本語プロフィシェンシー研究学会事務局の阪上彩子です。 おかげさまで10月1日からJALPは学会として活動を始めることとなりました。 学会になりましても、会長がおっしゃる全員参加型の姿勢は変わらず、和気あいあ

学会昇格記念シンポジウム申込フォーム

日本語プロフィシェンシー研究学会昇格記念シンポジウムに参加される方は以下のフォームにご記入の上送信ください。 定員に達したため、シンポジウム・懇親会への参加は締め切りました。  

JALPフェイスブックページを開設しました

JALPではこれまでウェブサイトにてさまざまな情報を発信しておりましたが、今後はFacebookでも情報を発信してまいります。 リアルタイムな情報や研究会の様子などをより早くお届けしてまいります。 最新情報は随時FBでも

教えて!鎌田トレーナー!!【質問大募集!!】

6月24日の第一回研究例会のブラッシュアップセッションは、 いつもとは趣向を変えて、鎌田トレーナーにOPIやプロフィシェシーについての皆さまの疑問・質問に答えていただきます。 日頃、聞きたくても聞けなかったOPIやプロフ

2015函館シンポジウム予稿集

2年前に函館で行われました第10回OPI国際シンポジウム ~OPI導入25周年を迎えて~「多様なつながりとOPIの可能性」 の予稿集のPDFを公開いたします。   参加いただいた方はもちろんのこと、参加すること