2016年度第2回研究例会

11月 12, 2016 No Comments

2016年度第2回 研究例会
日時:2017年1月7日(土)13:30~
場所:京都外国語大学 151教室(1号館5階)

▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html
キャンパスマップ http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/map/index.html
▼参加費: 会員 無料/非会員 一回目お試しで無料。
但し、二回目からは要会費(2000円)。

参加申込はこちらのフォームから

▼プログラム:

13:30~13:40 会長挨拶 鎌田修氏(南山大学)

13:40~15:10 講演「日本語能力の評価と測定」 森 篤嗣氏(帝塚山大学)

教 育評価(evaluation)という用語は,従来からあった試験(test),考査(examination),測定 (measurement)との違いを強調した戦後生まれの新しい概念(Tyler1949)である。ただ,評価と測定は別物ではなく,測定は評価に含ま れる包摂関係にある。

そ して,評価において重要なのは,筆記による評価であれば,パフォーマンスに基づく評価であれ,信頼性と妥当性であ る。この二つのうち,特に妥当性を考えるにあたっては,「真正の評価」の問題,すなわち真正性について考える必要がある。夫婦が子どもの進路について話し 合っている会話を聞き,会話内容を推測する聴解問題において,回答者はどのような立場で夫婦の会話を聞いているのだろうか?(「盗み聞き」問題)

最後に, 作文における日本語能力の評価と測定方法の一事例として,テキストマイニングと言われる手法で,作文を計量的に探索する方法を紹介したい。パフォー マンス評価は学校教育においても,アクティブ・ラーニングで大変に注目を集めているが,その一方で評価者の主観の影響が大きいとも言われている。そこで, 客観的な方法として,テキストマイニングによる計量的分析を一つの補佐的な評価・測定法として提案する。

15:20~16:00  研究発表「韓国人学習者による指示詞「コ・ソ・ア」の習得研究

―「コ・ソ・ア」の使用上の認識に関するアンケート調査の結果を中心に―」

柳信愛氏(京都外国語大学大学院 博士後期課程)

16:00~17:30  ブラッシュアップセッション

         OPI提供者:上谷崇之氏(アークアカデミー大阪校)

17:30~17:40 事務連絡

18:30~20:00 懇親会  

 

※会場では、凡人社による書籍販売が予定されています。休憩時間などにご利用ください。

研究例会のお知らせ, 過去の研究例会

2017年度第3回例会(春合宿)のお知らせ

2017年度第3回例会(春合宿)は以下の日程で開催されます。詳細は決まり次第、ホームページやメーリングリストにてお知らせ致します。皆さまのご参加お待ち致しております。 2017年度日本語プロフィシェンシー研究学会 第3回

2017度第2回研究例会申込フォーム

2017年度第2回研究例会に参加される方は以下のフォームにご記入の上送信ください。  

【お知らせ】第2回研究例会(2018/1/6)

2017年度第2回研究例会が2018年1月6日(土)に開催されます。 今回の講演は「日本語のプロフィシェンシーは一人のものか」 講師:トムソン木下 千尋氏(The University of New South Wale

【募集】研究発表とOPIブラッシュアップセッション

2017年度第2回研究例会の研究発表とOPIブラッシュアップセッションを担当してくださる方を引き続き募集中です。 ご応募お待ちしております。 【応募方法】 ▼応募締め切り:2017年12月4日(月) ▼応募方法:以下の情

2017年度第2回研究例会

2017年度第2回 研究例会 日時:2018年1月6日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 452教室 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/in