2016年度春合宿のお知らせ

2016年度 日本語プロフィシェンシー研究会春合宿

< 生、生、生で迫る日本語教育

現実生活におけることばの力の向上をめざすには「生」のことば、「生」の生活及び教室場面、「生」の言語素 材、「生」の日本語能力の存在は無視できません。今回の合宿では基調講演を立てないで、参加者全員がなんら かの形でこのテーマに取り組めるよう、合同のパネルにそれぞれのサブテーマを設けました。

日時:2017年 3月25日(土)〜26日(日)

会場:里山の休日京都・烟河
<http://www.oyadonet.com/keburikawa/>
〒621-0251 亀岡市本梅町平松泥ヶ淵1-1 0771-26-2345

会場へのアクセス
JR山陰本線京都駅から快速で 15 分、亀岡駅下車
亀岡駅北口から、シャトルバスで 15 分(春合宿用は 11:30、12:00 発)
京阪京都交通バス(園部駅西口行き)で 20 分、高芝下車徒歩1分
タクシーで 15 分

<参加申込フォームはこちら

<ポスター発表応募は締め切りました>

▼プログラム:
3月25日(土)

12:00~13:00  受付

13:00~13:10  会長挨拶 鎌田修氏(南山大学)

13:10~15:10  パネル(1)発表
①教育現場と生、生、生 :嶋田和子氏、上谷崇之氏、東健太郎氏
②教材作成と生、生、生 :鎌田修氏、奥野由紀子氏、金庭久美子氏、山森理恵氏
③ことばの決まりと生、生、生 :定延利之氏、立部文崇氏
④日本語能力の評価と生、生、生 :由井紀久子氏、坂口昌子氏

〈下記画像をクリックするとPDFが開き拡大されます〉

15:10~15:30  休憩

15:30~17:00  パネル(2) ワークショップ

17:10~18:15  ポスター発表

18:15~18:25  事務連絡

19:30~  夕食

3月26日(日)

9:00~10:00 パネル(3)各グループ15分ずつの成果報告

10:00~11:30 OPIブラッシュアップセッション

11:30~11:40  総括

11:40~11:55  事務連絡

11:55~12:00  閉会の辞

12:00~12:20  総会

2017年度第3回例会(春合宿)のお知らせ

2017年度第3回例会(春合宿)は以下の日程で開催されます。詳細は決まり次第、ホームページやメーリングリストにてお知らせ致します。皆さまのご参加お待ち致しております。 2017年度日本語プロフィシェンシー研究学会 第3回

2017度第2回研究例会申込フォーム

2017年度第2回研究例会に参加される方は以下のフォームにご記入の上送信ください。  

【お知らせ】第2回研究例会(2018/1/6)

2017年度第2回研究例会が2018年1月6日(土)に開催されます。 今回の講演は「日本語のプロフィシェンシーは一人のものか」 講師:トムソン木下 千尋氏(The University of New South Wale

【募集】研究発表とOPIブラッシュアップセッション

2017年度第2回研究例会の研究発表とOPIブラッシュアップセッションを担当してくださる方を引き続き募集中です。 ご応募お待ちしております。 【応募方法】 ▼応募締め切り:2017年12月4日(月) ▼応募方法:以下の情

2017年度第2回研究例会

2017年度第2回 研究例会 日時:2018年1月6日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 452教室 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/in