2013年度第2回例会

11月 30, 2013 No Comments


日本語プロフィシェンシー研究会

2013年度 第2回例会のご案内

新しい年を迎えての第2土曜日、下記の要領で第2回例会を開催します。お誘いあわせの上、奮ってご参加ください。

日 時: 2014年1月11日(土)13時半より

場 所: 京都外国語大学 151教室(1号館5階) ※いつもの教室ではありません。

交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/index.html

キャンパスマップ http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/map/index.html

参加費: 会員 無料/非会員 一回目お試しで無料。

但し、二回目からは要会費(2000円)。

プログラム(案):

13:30~13:40 会長挨拶 鎌田修(南山大学)

13:40~15:00 講演 西口光一(大阪大学)

 「プロフィシェンシーと新しい基礎日本語教育」

OPIでは、プロフィシェンシーの4つの視点として、(1)タスク、(2)コンテクストとコンテント、(3)正確さの水準、(4)テクスト・タイプが挙げられている。このうちコンテントは、端的にいうと「○○についての言語活動」となり、例えば、Noviceでは「common discrete aspects of daily life」、Intermediateでは「topics mostly related to self and immediate environment」となっている。CEFRの能力記述でもこのような話題についての言語活動は記述されている。にもかかわらず、現行の大部分のカリキュラムや教材ではこうしたコンテントは組織的には扱われていない。コンテントは第二言語のカリキュラムと教材における「見過ごされた視点」である。NEJ(『A New Approach to Elementary Japanese-テーマで学ぶ基礎日本語』くろしお出版)では、コンテントについての日本語力を言語能力の中核であると見て、自己や自身のまわりのことについての各種のテーマを柱とし、同時に語いと文型・文法事項を体系的に習得できるカリキュラムを作成し、教材を用意している。本講演では、NEJの開発に至った経緯、第二言語の習得と指導の原理、教育内容とその段階性などについて概観する。

<休憩>
15:10~15:40 研究発表 福島 宏美(大阪大学大学院生)

「会話試験をつくる -ブータン日本語ガイド会話能力試験の事例をもとにー」

16:00~17:00 OPIブラッシュアップ・セッション 松井一美(APU)

17:00~17:20 事務連絡

18:00~20:00(予定) 懇親会(新年会)

最新ニュース, 研究例会のお知らせ, 過去の研究例会

2017年度第3回例会(春合宿)のお知らせ

2017年度第3回例会(春合宿)は以下の日程で開催されます。詳細は決まり次第、ホームページやメーリングリストにてお知らせ致します。皆さまのご参加お待ち致しております。 2017年度日本語プロフィシェンシー研究学会 第3回

2017度第2回研究例会申込フォーム

2017年度第2回研究例会に参加される方は以下のフォームにご記入の上送信ください。  

【お知らせ】第2回研究例会(2018/1/6)

2017年度第2回研究例会が2018年1月6日(土)に開催されます。 今回の講演は「日本語のプロフィシェンシーは一人のものか」 講師:トムソン木下 千尋氏(The University of New South Wale

【募集】研究発表とOPIブラッシュアップセッション

2017年度第2回研究例会の研究発表とOPIブラッシュアップセッションを担当してくださる方を引き続き募集中です。 ご応募お待ちしております。 【応募方法】 ▼応募締め切り:2017年12月4日(月) ▼応募方法:以下の情

2017年度第2回研究例会

2017年度第2回 研究例会 日時:2018年1月6日(土)13:30~ 場所:京都外国語大学 452教室 ▼交通アクセス http://www.kufs.ac.jp/aboutkufs/campus/access/in